乾燥を防ぐための習慣

 

乾燥対策の基本は、加湿器の使用です。
特に暖房を多用する冬場は、空気が乾燥しやすいです。
皮膚がかゆくなるのも、乾燥によるものです。
冬場になると、足がかゆくなって、かくと粉が出てくるという経験がある方は多いでしょう。
乾燥している状態は、肌の免疫力が低下しています。
皮脂も少なくなっているため、紫外線にも弱いのです。
風邪にかかりやすいなど、病気を促すリスクもありますから、乾燥対策は徹底して行いましょう。
乾燥対策として手軽に行える方法には、入浴もあります。
入浴することで、肌が保湿されます。
この効果は、シャワーだけでは得られないのです。
食べ物で体内から乾燥を防ぐためには、果物類がおすすめです。
水分とビタミンを補給することができます。
ビタミン類は、肌の代謝を活性化させて健康を維持するために欠かせません。
ビタミンCは、肌の弾力性を保つコラーゲンの生成を促す役割があります。
柑橘類やイチゴなどに多く含まれています。