人体におけるヒアルロン酸の役割

 

美容品や化粧品のテレビコマーシャルやラジオコマーシャル、雑誌や新聞広告でヒアルロン酸という言葉を頻繁に見たり聞いたりしますから、ある種の化学合成された自然界には存在しない物質の一緒と大きな勘違いをされている方が少なくないでしょう。
実は、ヒアルロン酸は人体を構成している基本的な成分の一つです。
人体で最も多く存在する部位は全身の皮膚細胞で、人体の各所にある関節にもたくさんあります。
意外なところでは目にも含まれている物質で、人体にとっては必要不可欠な天然の物質です。
その働きは、皮膚や関節、目に含まれていることから分かるように、弾力を維持したり、保水機能が保つ貴重な働きを担っています。
皮膚細胞がにヒアルロン酸を失うと、皮膚は保湿機能を徐々に失ってしまい、しわの原因となってしまいます。
残念ながら加齢と共に失われてしまうので、皮膚を若く保つには定期的な外部からの補充が欠かせないので、美容品や化粧品により適宜補充しましょう。